トップ保育の魅力・事例紹介就職相談の事例紹介子どもが小学生になり、保育士として復帰したいと考えていました

子どもが小学生になり、保育士として復帰したいと考えていました

  • ふくしま のぞみさん
  • 福島市

相談内容

出産を機に保育士を辞め子育てや家庭に専念してきましたが、子どもが小学生になり、そろそろパートから保育士として復帰したいと考えています。いまは子育てしやすいパート勤務、数年後にはフルタイムで働きたいけれど、そんな勤務が可能な保育施設があるのかわかりません。

来所相談

家から近い場所だったので直接訪問してみました。10年近いブランクもあり不安でしたが、センターには求人情報だけではなく、セミナーや就職説明会、就職準備金などさまざまな情報がそろっていました。昔と変わり、今は子育てをしながら働く保育士が働きやすい職場が増えていることを教えてもらい、そういった保育所の求人情報をいくつか提供してもらうことができました。

見学・面接

「まずは見学をしましょう」と勧められたので、家から通いやすく、希望時間帯にぴったりな保育園で見学させていただくことになりました。見学では、園長先生のなごやかなお人柄で話もはずみ、とても好印象。さっそくセンターの担当職員さんに応募したいことを伝え、紹介状を発行してもらいました。久しぶりの採用面接も、一度お会いしている園長先生だったので緊張感もやわらぎ、こちらで働きたいという気持ちを自分の言葉でアピールすることができました!

保育士・保育所支援
センターから

ふくしまさんは出産を機に保育士の仕事から一旦離れましたが、保育の仕事・子どもを好きな気持ちはずっと変わらずにお持ちのようでした。今は子育てしながらでも働きやすいよう、保育施設もさまざまな取組を行っています。保育士としての経験・キャリアを途切れさせないよう、お手伝いをさせていただきますので、まずはご相談ください。
トップ お電話 お問合せ